セピアの瞳 彼女の影

完結しました♪
本作品は前作『甘やかな月』の続編にあたります


『甘やかな月』のエピソード2の序盤、
ガイの提示した理由により、一旦離れることになったユラとガイ。
彼の言葉を信じ、別れ難い気持ちを抑え自らの世界に戻ったユラ。
一方、彼女のいない日々を送るガイのその後は……?
ユラの知らない空白の彼と、再会までの時間をガイの視点を中心に、
彼女の愛した世界と、人々を描いていきます。

『甘やかな月』をお読み下さった方に、再び、物語におつき合いをいただけますと幸いです。



各ナンバーよりお入り下さいませ。

                    

(1)    (2)   (3)   (4)   (5)   (6)   (7)   (8)
(9)   (10)   (11)   (12)   (13)   (14)   (15)   (16)


『エピローグにかえて』 (Yura side)
(1)   (2)   (3)   (4)   (5)   (6)   (7)   (8)   (9)
(10)   (11)

本編『甘やかな月』のアウトラインのご参照をされたい方は コチラ から♪



『甘やかな月』本編を@、『セピアの瞳 彼女の影』をBとし、以下続編の番号を振りました。
この順でお読みいただけると、物語の時系列に沿います。


※本編のその後のユラとガイの物語 A 『月のマーメイド 彼女のブルー』

※ミニ続編もよろしければ、どうぞ♪ C 『メロディ』

※まだあります(笑)。D 『魔法の時間』も、いかがでしょう??♪♪


只今、作品アンケートを行っております。よろしければ、ぜひお運び下さいませ♪ → からどうぞ♪♪



よろしければ、 ご感想いただければ大変嬉しいです。
メールフォーム、Blogなどよりどうぞ。喜んでお返事差し上げます♪

          
   
ぽちっと押して下さると、大変励みになります♪

          


※拙い作品ではありますが、こちらのノベルの著作権は、管理人のきくこにあります。
 いらっしゃらないとは思いますが、無断で複製、お持ち帰りなどなさいませんようお願いいたします。