さようならの先に

完結しました♪
本作は、『甘やかな月』の続編Eに当たります。

ユラがあの列車に乗り夜空を渡ってから約五年が経った。
家族が増え、何気なく、でも幸せに過ぎていく日々に、
忘れていた出来事が起こる。彼女は愕然とし、戸惑うが…。

『甘やかな月』をお読み下さった方に、再び、物語におつき合いをいただけますと幸いです。



           各ナンバーよりお入り下さいませ。完結しました
p


(1)   (2)   (3)   (4)   (5)   (6)   (7)   (8)   (9)   (10)   (11)   (12)   (13)   (14)  (15) 
(16)   (17)   (18)   (19)   (20)  (21)   (22)  (23)   (24)   (25)   (26)   (27)  (28)  
(29)  (30)   (31)   (32)   (33)   (34)   (35)   (36)   (37)

 

p
『甘やかな月』本編を@とし、以下続編の番号を振りました。
この順でお読みいただけると、物語の時系列に沿います。

※本編のその後のユラとガイの物語 A 『月のマーメイド 彼女のブルー』
※B『セピアの瞳 彼女の影』

※ミニ続編♪ C 『メロディ』
※まだあります(笑)。D 『魔法の時間』♪♪
  



只今、作品アンケートを行っております。よろしければ、ぜひお運び下さいませ♪ → からどうぞ♪♪



よろしければ、 ご感想いただければ大変嬉しいです。
メールフォーム、Blogなどよりどうぞ。喜んでお返事差し上げます♪

          
   
ぽちっと押して下さると、大変励みになります♪

          


※拙い作品ではありますが、こちらのノベルの著作権は、管理人のきくこにあります。
 いらっしゃらないとは思いますが、無断で複製、お持ち帰りなどなさいませんようお願いいたします。